スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 一から始めるスマイレージ 12

2013年 一から始めるスマイレージ 第12回!

( ´ー`)ノ<お久しぶりです、私です

いや、毎日私が書いてんですけども。この企画は数日ぶりのご無沙汰でしたね

で!

本日はいよいよメジャーデビュー期の楽曲紹介に入ります
今回はメジャーデビューいやーである2010年を取り上げたいと思います

スマイレージは1年にわたるインディーズ活動の後、2010年5月26日1stシングル『夢見る15歳』(読み:ゆめみるふぃふてぃーん 愛称:ゆめふぃふ)で、メジャーデビューを果たします

夢見る15歳は、インディーズ期のふわふわしたアイドル曲とはやや毛色が違って、ある意味つんく♂プロデューサーお得意のというか、若干歌謡曲入った渋目のアイドルポップでした

イントロがたまらない

実は歌詞からするとインディーズ期を継承してるんですけどね、楽曲アプローチが全く違っていてこれはこれでおもしろいと思います

私事で恐縮ですが、私がスマイレージのファンに成ったなと自覚したのは、この曲を聞いた瞬間でした
衝撃的なイントロから始まるメロディアスな楽曲と切ない歌詞を見事に歌い上げるスマイレージに感動してファンに成ったのです、うん、泣きましたねw
今でもゆめふぃふのイントロがかかるだけで落涙しかけます
私にとってはそのくらい印象深い楽曲であります


閑話休題

夢見る15歳は、スマイレージにとっては記念すべきメジャーデビュー曲であると同時に、スマイレージを象徴する楽曲として今でも親しまれています
スマイレージの楽曲イメージは今でもこのゆめふぃふが下敷きになっている気がします


そうやって、衝撃のデビューを果たしたスマイレージのセカンドシングルがこちら
○○ がんばらなくてもええねんで!!(読み:がんばらなくてもええねんで 愛称:がんばら(ええねんでの場合もあるかな))です

インディーズ期のふわあまでもなく、前作のシリアス気味な楽曲でもなく、一転コミカルに舵取りをして来ました

可愛らしい衣装と裏腹なコミカルなダンスが印象的

これはかなり衝撃的な出来事でしたね、振り幅が大きかったというか
インディーズ期とデビューシングルをみてきて、こういう路線で攻めていくんだろうと思った所でこれでしたからね
ただ、こういう楽曲もこなせるというのはスマイレージにとって経験になったと思いますし、レパートリーの幅が広がったのはとてもいい事だったと思います
今でも、スマイレージは次々に新しいジャンルの歌に挑戦していて、聴いていて非常に面白く飽きることがありません
現在でもスマイレージの曲を飽きずに聴けるのは同じ路線に固執しなかったからこそだと思います


そうしてこの後USTREAM番組生スマを始めたり、初の主演舞台『おばぁちゃん家のカレーライス ~スマイルレシピ~』を経験したスマイレージが放った3rdシングルが

同じ時給で働く友達の美人ママ (愛称:美人ママ(「時給」って呼ぶ人もいるみたいですが))です

3rdでは2ndの路線を引きずって、コミカルさを残して明るめの曲調になっています
かなり早くアッパーな曲なので、ライブでかかると盛り上がる曲のひとつです

曲中の語りパートが印象的 

メジャーデビューからは、どんどん楽曲が早く明るくなっていった印象があります
これはとりもなおさず、スマイレージ自信の成長とシンクロしていたように思います
果たして、スマイレージはこの年の日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞して、記念すべきメジャーデビューイヤーを締めくくったわけです 

そうして、激動の2011年へと続きます。。。
関連記事

テーマ : ハロー!プロジェクト
ジャンル : アイドル・芸能

tag : アイドル ハロプロ スマイレージ

コメントの投稿

非公開コメント

広告

厳選広告

スマイレージ@アマゾン
プロフィール

群狼

Author:群狼
( ´ー`)ノ よっ!
よろしくな!

Twitter
フォローしていただけると嬉しいです
gun_rouをフォローしましょう
最新記事
リンク
アクセスカウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
9804位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アイドル
3800位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。