スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のび太のひみつ道具博物館

というわけで、今日は『映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館』の話でも
ドラ映画2013
面白かった


今年のドラムービーは、珍しく悪人が出てこないんですが、ひみつ道具がふんだんに出てきて、ストーリーもミステリ仕立てな感じだったのでかなり楽しめました

対立軸用意しなくても話はできるんだなぁと感心です
それと泣かせる話も入ってくるので結構たまらんですね
新ドラオリジナルではかなり当たりだと思うのでオススメ出来ます

それと・・・来年はとうとうドラ映画人気上位あの作品のリメイクっぽいです、楽しみですね~

ではまた
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 映画 ドラえもん

6月3週の映画 2

ノ こんばんは

今回ご紹介するのは 『赤ずきん』 です
赤ずきん



赤ずきん』は、キャサリン・ハードウィック監督。主演はアマンダ・セイフライド。共演に、ゲイリー・オールドマン、マックス・アイアンズ、ビリー・バークなど。童話『赤ずきん』をモチーフにしたダークファンタジーミステリー映画です。

ダークファンタジーミステリーってなによと思われると思うんですが、つまり、そういう事なんですよ。
暗い感じのファンタジーであり、ミステリー要素もあるという。
まぁ私がそう書いただけなんですがね。

設定としては狼が人狼で、しかも村人の中にいて、果たして誰だ!というミステリー要素があるのです
モチーフとなった赤ずきんのおはなしを巧いこと加工して、新たなお話が出来上がった感じです。

トワイライトの監督だけあって、若者同士の恋愛要素も巧いこと描きつつ、ミステリーも混ぜ込んでファンタジックに仕上げてきたなぁと。よくよく考えたらトワイライトと同様の路線なのかな
もともとの赤ずきんを期待していくと全く違ったものがでてきてびっくりしてしまうと思うんですが、これはこれで面白かったです。

意外と楽しめるんじゃないかと思います。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : 映画 赤ずきん

6月3週の映画 1

ノ こんばんは

今日は 『127時間』 を
127時間


『127時間』は、ダニー・ボイル監督。主演はジェームズ・フランコ。ロッククライミングを楽しんでいた主人公が右腕を岩に挟まれ動けなくなり、脱出するために悪戦苦闘する実話に基づいた映画です。

凄かったなぁ。
いろいろと凄い点のある映画なんですが、まず、ほとんど主人公一人の悪戦苦闘ぶりと、回想・妄想などで成り立っている点が凄い。
そして、いろんなカット(断面図とかね)を用いた映像表現が凄い。
そしてなにより、これが実話ベースの話だってことが凄い。

とりあえず、観てもらったらこの映画が凄いことは分かってもらえると思います。ただ・・・若干正視に耐えない部分があることは間違いありません。この私が、目を背けてしまうくらいの凄い奴があります。いや~凄いわw

観応えは満点です。

人間の生への渇望が、この映画にはあります。


スラムドッグ$ミリオネア[Blu-ray]

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : 映画 127時間

さや侍

( ´ー`)ノ よっ

今日はさや侍の感想です
鞘師侍じゃないですよ!

さや侍は松本人志監督の三作目、主演は素人同然(一応 「働くおっさん劇場」には出ていらっしゃいましたが、基本的には素人とお呼びして差し支えないものと思います))の野見隆明さん。他に、熊田聖亜さん、板尾創路さん、りょうさん、伊武雅刀さん、國村隼さんなどのご出演。それなりに豪華な感じ。
さや侍
松本人志監督作品『さや侍』公式サイト


鞘しか持たない侍とその娘が、母の死をきっかけに笑わなくなってしまったある藩の若君を笑わせるべく奮闘する姿を描いた物語です。

予告編を見て、今回は見に行こうと決めたわけですが、最初は、若君を笑わせるというシチュエーションでとにかく笑わせてくるコント映画的なものを想像していたのですが・・・。その期待というか予想は大きく裏切られる結果となりました。

正直、とても驚いたのですが、ただ、この映画がもし、松本人志監督ではなかったとしたら、この結末は容易に考えつくと思うのです。おそらく私は、過剰に笑いを求めすぎていた、あるいは、松本監督がそういう観客を逆手にとった。どちらかなんだとは思うんですがね・・・。もし松本人志監督が、自分に対する期待を裏切るためにこういう映画をとったのだとしたら、その手は二度と使えないわけですが、逆に、今後は普通の(コントではない)映画を撮れるようになる、つまり自由度は増すわけで・・・結局、次回作を観ないとその辺はわからないですね。

松本人志への過剰なお笑いへの期待がなければ普通のいい映画です。もし、それを求めていたとしたら、おそらくその期待は大いに裏切られ、悩むだろうと思います。『松本人志の真意は何処にありや』と。

なので、少しでも気になる人は観て損はないと思います、今後の松本人志監督の方向性を見極めるためにも。


テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : 映画 さや侍

おすすめ映画 X-MEN ファースト・ジェネレーション

( ´ー`)ノ よっ、群狼だ

本日は、先ごろ公開された 『X-MEN ファーストジェネレーション』 を猛烈にお薦めします!

X-MEN ファースト・ジェネレーション
映画「X-MEN ファースト・ジェネレーション」オフィシャルサイト


初めに言います、この映画傑作です。

X-MEN ファースト・ジェネレーションは、『キック・アス』の監督を務めたことで名を馳せた、マシュー・ボーン。主演は、ジェームズ・マカヴォイ。そしてマイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンスにケヴィン・ベーコンなどの出演。若手が多いよ!

おはなしは、X-MENの前日譚。プロフェッサーXとマグニートー、彼らがいかにして生まれ、育ち、闘い、対立するに至ったかを描く青春群像アメリカンヒーローアクション映画です。

ここ最近では、これ以上無いくらいの作品です。おすすめできます!
何がいいかというと、まずは見事な脚本です。登場人物の紹介、苦悩、友情、成長そして対立までをしっかりと描き出しつつ、実際の歴史を踏まえたストーリーに絡めてのヒーローバトルはCGたっぷりのど派手アクション!そして現在のX-MENへ繋がる事件を盛り込んだ山盛りの内容!見事です!
人間ドラマを見事に描きながらド派手アクションときっちり両立されていて、見ごたえ満点です。素晴らしい!

ヒーローバトルは、とにかくど派手!そして敵が怖い怖い、どうやって勝つのか!ヒーロー物としても単純に面白い!

アメリカン・ヒーロー物は、敬遠される方も結構多いのではないかと思います、かつての私もそうでした。しかし、よく良く考えてみると、アメリカン・ヒーロー物のテンプレに、過去のトラウマ、現在の挫折からの再生というものがあり、これは実は日本人好みのシチュエーションだったりするわけで、意外に合うんです。

これほどの映画、観らずぎらいは勿体無いですよ!是非!

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

tag : 映画 X-MEN ファースト・ジェネレーション

広告

厳選広告

スマイレージ@アマゾン
プロフィール

群狼

Author:群狼
( ´ー`)ノ よっ!
よろしくな!

Twitter
フォローしていただけると嬉しいです
gun_rouをフォローしましょう
最新記事
リンク
アクセスカウンター
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
8253位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アイドル
3220位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。